本文へスキップ

TEL. 045-435-5669

〒245-0053 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町1624-116

窯業系サイディングクリアー塗装施工reportpage

近年 窯業系サイディングは様々な模様があります メンテナンス時に塗り替えを考えた際、外壁を新築時と同じ外観のように保持できる施工方法としてクリアー塗装があります 既存状態によってはどのような壁でも施工できるわけではありません
クリアー塗装をお勧めしてくる業者さんもいます それがダメと言っているわけではありませんが、当店ではこのような基準でクリアー塗装を施工OKそして施工はこの様な感じというのをページにしてみました 
クリアー塗装をお考えの方などの参考になればと思います





まずは既存状態を確認しなければなりません



施工に入る前に当然ですが、お見積りと現地調査があります その際にクリアー塗装を考えられいる場合 まず最初に行うことはがこれです 外壁の劣化が出やすい南西の壁にセロハンテープなどを貼ります






剥がした後に黒などの下敷きの上にのせてみます 外壁に劣化が出始めると外壁表面が粉っぽくなります それを白化(チョーキング)など呼びます
テープを貼り下敷きの上に置くと白化の状態がよくわかります
上の写真の状態は白化がありません テープについているのは外壁の汚れです
この下の写真もそうです









上の写真も状態が良いことが写真でもわかって頂けると思います
この状態ならばクリアー塗装施工可能と判断させていただきます






これは厳しい判断となります





別件のお客様宅です クリアーでとお考えとなっていたようですが、テープを貼り剥がしてみると塗膜が劣化した粉がテープについてきてしまいました 紫色のテープでもよくわかります






水で濡らした キッチンペーパーで拭いてみると表面の粉がとれ拭いた箇所だけが綺麗に元の色が出てきました この状態でもクリアー施工をされる業者さんもおられるようです それは少し疑問に感じます
この写真をクリアー塗料を作られている各塗料メーカーさんに送るときっぱりしたと答えが返ってきます 
クリアー塗装では不向きまたはご遠慮くださいと言われます 
クリアー塗料での施工では下塗りを使うことがありません 専用の下塗りが無いのです
下地に劣化みられる場合 これを抑え込み下地を作り上塗りを密着させるための専用下塗り材を塗らなくてはなりません 
クリアー塗装は状態が良いところには密着してくれますが、不安定な箇所には密着不良などを起こし 不具合の元となります

では上のお客様宅はどうなったのかと申しますと
下の写真です







2色刷り塗装にて新築時のような状態になりました 
ちょっと宣伝ですスミマセン







さてクリアー塗装で気を付けることは


新築時の施工の際、壁をキツメにはめ込みます もしくは要所で釘などを使って止めたりもします 気を付けていてもその衝撃で亀裂が入ったりします
新築時には気が付かなくても 経年経過で亀裂が見えてきたりもします
上の写真のようにです





ここまで割れていると ムムムっ・・・な感じではあります






このままでは塗りません


新築時から年数が経っているためもうこれ以上は割れないだろう もしくは塗料で塞がるだろうとは考えません 窯業系サイディングは壁素材自体が動くものです 
何かで塞いであげることに越したことはありません 
クリアー塗装ではない際は色が付いたパテで埋めることも出来ますが、さすがに使えません そこで透明なエポキシ樹脂接着剤などを用い割れに充填していきます






このようになります


この程度でしたらば割れは目立たなくなくなります






埋まりはするのですが、これは目立ってしまいます 後日ここには周囲の色と合わせた塗料で補修塗りします 








このお客様宅の壁は釘打ちで留めるものではなく 専用の部材を先に取り付けそこに壁を引っ掛けていくものです それでも窓廻りなど要所で釘を使って固定させています
固定する穴を間違えそのままにしてありました 遺憾です
このような形で埋めていきます これらは外壁高圧水洗浄の前にしておかなければなりません クリアー塗装の際は高圧水は水圧100s以下に設定しての洗浄ですが、割れを広げてしまう心配と割れや穴から水が入り壁材内部に水が浸透する恐れがあります
横降りの雨とは水圧が違います 浸透してしてしまうとそれが何時乾くのかは分かりません わからないまま塗装を済ませてしまうと後に塗膜表面が水膨れる可能性も出てきます






洗浄前にもう一つ


クリアー塗装の際は目地などのシール(コーキング)の打ち替えは塗装が終わった後となります これはクリアー塗料は乾燥後塗膜が硬いため目地材の上では動きについていけないため割れてしまうからです クリアー塗料は通常の色で塗りつぶす塗装(エナメル塗装より)塗膜が硬いです と言う理由で後打ちと呼ばれる作業になります 
既存目地材が破断しているような状態では先の割れ補修と同様でそのままにしておいての高圧水洗浄には入れません 仮打ちをしておきます






仮打ちです


色は何でも良いのです とりあえず高圧水洗浄の水が入らないようにします







このような感じです 
なぜここまで破断しているのかと思われる方もいるかと思われます
これには訳がありますが、それは置いておき このまま埋めてもまた同じことになりかねません そこで仮打ち前に






ひと汗かきます


カットソーという電動工具です 刃をいろいろと付け替え目地の中に入っているハットジョイナーという金物を切り出します 






このようにです


上と下に切り込みを入れます




そして金属を引き抜きます




目地でのシールの厚みは5oはとりたいものです 取れないならばとれるよう工夫してみました 厚みもですが幅もある程度必要です







角などは突付けにしてあることが多いです 刃を入れ幅を広げます そして仮打ちとなるのですが





目地の底にシールが貼り付くの芳しくはない事です 発泡剤でできた厚み3ミリのバックアップ材を中に貼ります これを入れても目地厚は5ミリ以上取れます
発泡剤にはシールが貼り付くことはありません 塗装後にこの仮打ちシールは撤去します(仮打ちに使ているのは、通常の変性シリコンです 仕上げの際に使うシールは高耐候性変性シリコンです)
ここまで済ませて 壁の高圧水洗浄に入る事ができます






外壁を削るようにではなく 苔・カビなどをシッカリと落とす洗浄です
下の写真をクリックすると動画始まります クリアーとその際の洗浄はこの様なkん時と思っていただければ幸いです








さて洗浄と養生が済むと塗装に入るのですが・・・


クリアー塗装に入る前に色の補修塗りです 洗浄後このように既存脆弱だったところなどが欠けることがあります



色を入れる事で分からなくなります





このようなところもです




おそらく釘を打つ際に当たってしまったのかもしれません これなどの先の割れ補修箇所などにも色を入れてから クリアー塗装スタートです






クリアー塗装とはこのような感じです
下の写真をクリックすると動画始まります 1分ほどの動画です


使用するクリアーは貼られている壁(メーカーと商品)によってはどこのメーカーの塗料でも良いという物ではありません 窯業系サイディングボードを出しているメーカーによっては推奨塗料という物があります なるべくそれを付くのが好ましいと考えています ちなみにですが動画の塗料は大日本塗料のSBライズコートです
クリアー塗装が終わると目地シールの打ち替・窓廻りのシールの増し打ち作業です 
クリアー塗装より時間を要する作業です






下の写真をクリックすると1分ほどのシール撤去動画始まります



撤去後シール打設です 今回使用するのはサンライズMSIのH100です
このH100が出る前にS70という商品がありました そのS70での結果を超えるものとしてできたのでこれを使用します





新築時の外壁の品番などが分かる際 その商品名と番号をメーカーサイトの検索ページに入れると自動的に色を検索してくれます 上の写真のシールは下の写真の壁用です





既存シールは少しやせています


痩せ気味に打設したほうがスッキリとした見た目になるのでこのように打つ業者が多いです(経年劣化で少し痩せた感じもありますが・・・) それが悪いわけではありませんが、打ちかえるならばなるべく多く打設できるようにしています







このような感じです 既存よりは多く打てています





窓廻りなども


既存シールで厚みがある箇所は切り出し 切り出せないと箇所はシンナーなどで清掃した後 増し打ちに入ります





色を塗りつぶすエナメル塗装ならば状態によっては窓廻りなどはシールを打たなくても良い場合があります クリアー塗装の際、窓廻りなどのシールは少しでも表面に劣化が見えるとそれ自体が仕上がりとして見えてしまいます 既存シールが打たれている箇所は全てシールを打ちします





雨が当たらないような場所も増し打ちします 目地は外壁の動き追従させての保護のために 窓などは化粧のためです 

このような工程でクリアー塗装は始まり 終わります
塗りつぶすエナメルとは少し勝手が違ってきます
この先クリアー塗装をお考えの方の何かの参考になれば何よりです


最後までお付き合いいただきありがとうございました


バナースペース

建築塗装「和」かず

〒245-0053
神奈川県横浜市戸塚区上矢部町1624-116

TEL 045-435-5669
FAX