外壁サイディング塗装

外壁サイディング塗装・横浜市の塗装店です

Mailでのお問い合わせはmsk@kentikutosou-kazu.com

〒245-0053 横浜市戸塚区上矢部町1624-116

窯業系サイディング塗装2siding2



下地処理
サイディングボードでの下地処理は、まず既存の充填剤(コーキング・シール)の撤去することに始まります
撤去せず新規で充填剤を打たない業者もいるようですが、当方では塗り替えと充填剤打ちかえ工事はセットで考えています。
充填剤の対応年数は10年弱です。充填剤の打ち替えをせず外壁だけを塗り替えても後に充填剤の劣化が進み裂けてきてしまうことがございます。それでは外壁を塗り替えて綺麗になっても少々残念な事になりかねません。
充填剤が施工されている箇所は外壁材と他の物の取り合い部分(窓や天井)と外壁材と外壁材をつなぐジョイント部の目地となります
窓廻りや天井などの取り合い箇所は劣化が少ないのですが目地となるところは外壁材に動きが出るので劣化して裂けたりヒビ割れしたりします。
裂けても建物の中に水が廻ることは少ないのですが、外壁サイディングボードの断面から水を吸い上げサイディングボードに反りが出たり割れたりしだします。事 反りがひどくなると張替えをしないと綺麗に直す事はできなくなります。新築施工時から10年以上が経つと同じ模様のサイディングボードは廃番商品となっていることが多く全体にもしくは1面で張替えとなる事もあります。
建物の南・西面の充填剤箇所または壁を横から見ての反りの確認 そして雨が降っている時に外壁材が濡れて変色はしてはいないかなどお客様ご自身で観察し劣化してきているか把握しておかれると良いでしょう劣化が見られたらば、出来れば劣化が見て取れる前のお手入れをお勧めします

line
さて少々前置きが長くなってはしまいましたが、まず充填剤の撤去工事の説明からです
建物角には縦の雨樋が付いていることが多いです その後ろ縦目地の充填剤部分があることがございます。
縦樋を外さないで充填剤を施工する業者もいますが当方では外して施工します
充填剤の打ち替え工事では綺麗に既存充填剤を取ることがとても大事な作業です 縦樋が付いたままでは専用工具などが入らず綺麗に充填剤を撤去はできません 下の写真はその1例です
①接着されている場合は一度切り離しその後専用ジョイント部材で復旧させます
①↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わり
s21


②金具も1度取り外すことで綺麗に下地処理ができます
①↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わり
s22

line


既存充填剤がヒビ割れている箇所は単に経年劣化だけではないことがあります。
壁を止めている釘の効きが悪かったりとちゃんと施工されていないことが原因だったりします。
目地
充填剤廻りを手で押したり釘をチャックしてみて補修補強が必要と感じた際にはステンレスビスを要所要所に打設します
s23

↓はステンレスビス打設前です
s24

↓打設後ビスをパテで見えないように隠します
s25
              


充填剤打設です
↓の写真をクリックしますと充填剤施工をまとめた動画が始まります
s26

充填剤を打設してから塗装をする使用が当店の仕様です
充填剤の上の塗膜は経年経過や建物の動きなどによっては割れてきたりすることがございます 充填剤自体が割れて劣化していなければ問題はないです。
ですが違う色が見えるとあまり見た目がよろしくはないので当店ではなるべく充填剤は外壁色と合わせた色で打設施工するようにしています

s27
現在標準仕様にしている充填材です 外壁色に合わせた充填剤色を選んで使用しています

①サイディングの下地状況に合わせた下塗り材を塗布します
s28


その後下塗り材のカタログに記載されている乾燥時間を経過してから上塗り材を塗布します。塗料はカタログにある規定時間を守って塗装します
上塗りですが1回目と2回目は色を変えて塗装します シッカリと上塗りを2回塗ること出来ます 
そしてお客様から見ても塗り残しを指摘することができます

s29


少し前後するのですが下塗り材を塗装した箇所を確認にしますと、サイディングボードの縦に目地ではなく横の継手が黒い筋となって目立ってきます
このままでもダメではないのですが見た目が気になるので埋めます。上塗りを塗装した後ですとよりくっきり目立つようになってきます。
使用するのはモルタル壁専用の下塗り材がチューブに入ったものです 可塑剤が入っておらず後から黒く汚れてくることはありません そこは充填剤でも良いのではと思われるかもしれませんが、充填剤は厚みが付いてこそカタログに記載されている通りの効果がでます。薄くこすり付ける程度ですと裂けてきたりすることがあります 裂けはその上の塗膜までも割ってしまうのでこの方法にしています。
s210


チューブで打設後擦り減った刷毛を水で湿らせたもので擦りつけてボカシていきます。
  あくまでも見た目だけの問題ですが見た目は良いほうがいいです
s211


line

s212
↑外壁を塗装する前にお客様に色を決めていただきます。迷わずこれでっと!決められてしまうお客様もいますが悩まれてしまうかたもいらっしゃいます。
色帳なるものや塗料メーカー出てくるカラーサンプルは小さすぎてお客様には今ひとつピンとこないです。そこで当方は似た模様などの外壁材を作成させていただきお客様から候補の上がった色を実際に塗装して見ていただくことにしています。サンプル板を日向・日陰で比べて見ると色合いが違って見えたりとよりイメージが掴みやすくなります。建物の写真を取り込んでの専用ソフトもございますが当方貧乏零細事業者なので持ち合わせてはいません お恥ずかしいです



塗装動画です
↓の写真をクリックすると動画がはじまります
s213

このように仕上がっていきます
塗装するということだけを見れば、塗り終えて傍から見ればみな同じように仕上がって見えてしまいます
ですがただ塗ればではなく次のメンテナンス時期まで考えて仕事をさせていただくとこのようになっていきます。施工前・施工後の写真をただのせているだけでは分からない事をここでは書かせていただきました。
分かりにくい説明ページだったかもしれませんが何かこれを見てご自宅の塗り替え時の参考にしていただいたり または当店近くで塗り替えを考えているお客様へ施工内容が伝われば幸いです


line6
最後まで目を通していただきありがとうございます 
ご相談お見積りは無料ですお気軽にどうぞ

                     back


建築塗装「和」かず
   飯田まで

〒245-0053
横浜市戸塚区上矢部町1624-116
TEL.FAX.045-435-5669