塗装店横浜市

外壁塗装サイディング

Mailでのお問い合わせはmsk@kentikutosou-kazu.com

〒245-0053 横浜市戸塚区上矢部町1624-116

窯業系サイディング塗装siding



窯業系サイディングとは
窯業系サイディング材(ようぎょうけいサイディングざい)は、セメントと木質系成分を混合して製造される人工の外壁材である ウィキペディア参照
ここ数年で新築住宅でもよく使われていますが、同時に塗り替え外装工事でも増えてきている案件です
ここでは塗り替えでの工程をメインに紹介していきます

line
長くなってしまう前にザッと塗装工程の紹介です
s11
↑下塗り塗装

s12
↑上塗り1回目上塗り~上塗り2回目

s13
↑上塗り1回目~上塗り2回目

s14
↑上塗り1回目~上塗り2回目

これは窯業系サイディングの塗装に限った事ではないのですが、モルタルなどの外壁材も基本的にはその素材に適した材料を選択して
1.下地調整養生 2.下塗りを塗装 3.上塗り1回目を塗装 4.上塗り2回目仕上げ塗装 この手順で塗り進め仕上げていきます
ですがこと窯業系サイディングには必ず壁に継ぎ目があります この継ぎ目にプラスチックを柔らかくしたコーキングまたはシーリングと呼ばれる物
が入っていたりします 通常はまずその処理から始まります
line
窯業系サイディング 継ぎ目 目地処理施工
s15
サイディングの断面図紹介
パソコンがとても苦手なので少々分かりづらく 見にくいかもしれません自作したサイディング断面図です
必ずしもこの断面図通り張られているサイディングばかりではありません 胴縁と呼ばれる木材や硬質ゴム材が入っていなかったり ハットジョイナーという金物が入っていなかったりすることがたまにございます
ハットジョイナーやボンドブレーカーが入っていない壁は経年経過後コーキングが大きくひび割れたり、裂けてなくなってしまう現象が起きたりします
胴縁と呼ばれる木材が入っておらず構造合板などに直接打ちつけている壁は外壁と構造合板の間を通気しないため壁を斜めにして見たりすると
反りが出てきていたりします
既存新築時に塗装されている塗料が劣化始まったりすると反りがで始めます
お客様ご自身でもこの壁の状況は目で確認できます
できれば目で確認できる前に、再塗装などメンテナンスするのが好ましいです
継ぎ目の充填材はサイディング自体より先に痛み出してきます。
既存継ぎ目充填材は撤去してからの打ち替え工事になります
打ち替えから塗装までの工事を下記に書いてみました。
line
順を追って写真で施工紹介
s16

s17

s18

s19

s110

s111

s112

s113

↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

s114
↑1連が大雑把にですがコーキング打ち替えと呼ばれる作業の一覧です
line

s115

↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

s116

s117

↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

s118
ここもまた大雑把にですが、塗装下地でよく見かける割れや何かを止めていた際にできてしまった穴などの補修の仕方を紹介してみました
line
そして塗装工程に入ります
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります
s119

↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

s120

s121

↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります
s122
もう少し細かく書きたいところなのですが、少し長すぎるかなと思い今回はここまでです
重要な箇所を分かっていただければ幸いです

line6
最後まで目を通していただきありがとうございます よろしければもう一つ事例を見てください
                    back 


建築塗装「和」かず
   飯田まで

〒245-0053
横浜市戸塚区上矢部町1624-116
TEL.FAX.045-435-5669