建築塗装「和」かず  お客様専用ページ
横浜市戸塚区 W様工事日誌 9月13日 D  屋根鉄板・庇・シャッターボックス錆び止め塗装その他
錆び止め塗装

使用錆止めです 弱溶剤2液型エポキシ樹脂錆止め塗料です
厚膜タイプの錆止めです 建築用ではなく橋梁工事などで使う塗料です 
普通の錆止めが2時間から7日以内に次工程に入らなくてはいけないのに対してこれは4時間から30日とインターバルが長く取れる塗料です。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

主剤17:硬化剤1の割合で混合撹拌します。測りを使わないとシッカリと割合がわかりません


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

先行して角だけを塗っていきます。角は透けやすく材料が付きづらいからです 今回はそれに加えて角に錆が出ていたのでなるべく多く付くように塗っていきます。20分もたつと表面が指触乾燥しています 大き目の刷毛で全体を塗装します
角は透けずにシッカリと塗れます。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

角度を変えて 角の鉄板ケラバは下から角まで塗り上げておいて最後に上から角を被せるように塗装します。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

こちらは玄関上の下屋根廻りです



まるで囲んでいる箇所は樋をはめても下から見えてくる箇所です ここは破風板と同じ色で塗ることになるので下塗りとして錆止めを塗装しておきます。
線を引いている箇所を唐草鉄板と言います といを外したの楽に塗ることができます。




雪止め金具です ここも錆が出ていたのでタップリと流れるように塗りたいのですがそのままで塗装すると、コロニアル材に流れていくので、薄い鉄板を下敷きに挟んでから流れるように塗装していきます。




          
サンドペーパーをガシガシと掛けたあと掃除します


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

角に材料がより多く付くように下から塗りあげていきます。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

庇と出窓上鉄板です


                                     ↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります
             
左の写真の箇所は磁石が付くので錆止めを塗ります 右の箇所は磁石が付かないの塗らないではなく、他の下塗り材を塗装します それと同様に壁の一番下についている水切り金物も別の下塗り材を洗浄後に塗装します



このようになります

コーキング撤去

            
窓廻りはこれだけ多くコーキングが乗せてあるならこの先切れてくることはないです
同様に天井との境も大丈夫です


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

残った時間で縦目地を少し撤去しました
コーキング撤去についてはまた後日説明させていただきます。

本日の業務は以上です