建築塗装「和」かず  お客様専用ページ
横浜市戸塚区 W様工事日誌 32 10月16日 最終回です

与作
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

ご要望のでた外用木製収納箱の解体and刻みサービス作業です
燃えるゴミの日に出せるサイズに細かくしておきました。


私が持ち帰りすてる際には事業系ゴミ扱いになってしまいます 事業系ゴミとして排出すると産廃代が発生してしまいます
サービスでは少し厳しいです 普通ゴミサイズの日に持って行ってくれるサイズに切り袋に詰めたのでよろしくお願いいたします
一気に排出すると業者扱いされ持って行ってくれないかもしれません、2回分けて出されたほうが良いです。

タイル洗浄
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

アルカリ性の洗剤で玄関タイルを洗浄します
苔カビを落とす洗剤です。この後水で流します。
オブジェ


オブジェ

板は水平に付けてあります が下のL字受け金物は直角にはできてはいないようです 受け金物を重視すると板が水平にならないので見た目が良いと感じた板水平重視にしました。
受け金物は鉄製なので錆が出てきたらば早めの交換をお勧めします 錆汁が外壁に付くと取れなくなります



タイル洗浄2
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

先ほどはアルカリ性の洗剤で目地などを洗い次はタイル自体を酸性の洗剤で洗います
1・2・サンポールです 酸性洗剤の代表です 直にはかけず水で溶いてから擦ります。
酸はタイル表面を削って汚れを落とします 数年に一回使える荒業です 通常でしたらば中性洗剤で十分です。
経年経過後・苔などが出てきたならばお風呂用のカビ取り洗剤を水で溶いてからご使用ください 直接かけるのは避けてください 白く色ぼけてしまう心配がございます

フェンス復旧
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

木製は大分スカスカしてきています。この先羽蟻がでましたらば交換を考えたほうが良さそうです
羽蟻を追っかけて白蟻がきます 羽蟻は白蟻のおしらせですと以前 防蟻屋さんに聞いたことがございます。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

アルミフェンスの支柱が1本折れています 中に発泡スチロールが詰まっていたので大分前に折られて中にこれを詰めて支えていたようです 誠に遺憾です。
完璧ではないですがステイ材で支えを作っておきました 先々心配でしたらば敷地内に1本支柱を立ててそれに縛り付ける方法が一番手軽かもしれません。


復旧完了です
土間掃除

台風が2回も通り過ぎたのに屋根から出て足場に付着していたゴミは完全には流れてくれませんでした。
強力です 掃き集めた後掃けない箇所は水で流しました。
タッチアップ塗装
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

気を付けて足場を解体していただいても体は擦ってしまったみたいです
タッチアップ塗装で直しました。


散水掃除


細かい粉のような切り粉などのゴミは掃きれないので、お水を使用させていただき散水清掃して終了です。


ご挨拶
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

工事はまずお客様のご協力なくしてはできません と ご近所の方のご協力も必要となってきます。
ご配慮していただいた近隣皆様(最初に挨拶に廻ったお宅に)に粗品と挨拶状です。
石鹸1個です 高い物ではありません 高く見えそうなものを入れています。


材料

しばらく保管をお願いします。プラ容器は外壁材料です 防腐剤WPステイン棚板に使ったものですが、元々当店在庫でしたのでウッドデッキなどのDIY塗装などでご自由にお使いください。


完成
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

少しの日の当たり方で色は違って見えるから不思議な事です。


これでW様邸外装工事はすべて終了となります
長い工事期間中のご配慮まことにありがとうございました。

これからは経年経過を追いながら W様邸追跡調査をさせていただきます 
今後ともよろしくお願いいたします。

建築塗装「和」かず      飯田 和夫