建築塗装「和」かず  お客様専用ページ
横浜市戸塚区 W様工事日誌 9月10日 B 仮設足場設置とシート養生・屋根ビス打ち

足場業者到着


9時前に足場業者到着
この後私は終始監督をしながら足場業者の様子を見ていき
大方組みあがってきたところでシートを持ち上げて養生準備です



飛散防止シート
↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

昼近くになり組みあがった面からシートを掛けだしました。
隙間を空けないように掛けていきます。隙間が空くとそこから塗料が飛ぶ出す事を抑えられないからです。
紐を使うのではなく細い針金(結束線)を用いてシートどおしをくっ付けていきます。


悪い事例がです
↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

気にしない人はこれでも気にならないようです
材料をいっぱいつけて塗らなければ飛ぶこともないのでしょう 残念な事です




玄関を正面に見て左右の両隣とは距離が近いためシートは2重張りにしてあります。


足場設置後
↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

午後1時に足場が組み終わり足場業者撤収し一通り確認してみました
屋根で割れていたのはこの箇所だけです。割れ目に苔が生えているのとコーキング(充填剤)を塗った後があるので恐らく新築時に割っていたものと思われます。
洗浄前には綺麗にパテ(補修材)で整えます。


屋根釘からビスへ
↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

屋根に上っ棟包みトタン(鉄板)を見てみるとやはりですが釘が浮いていました。
ペンチで引っ張って抜ける釘は全てステンレスビスと交換します


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

抜いた釘周りにサンドペーパーで錆び落とし と 塗料がより付着するように小傷を入れておきます。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

ビスのねじ山を螺旋状に水が入らないようにコーキング(充填剤)付けます
その後元の釘より少し太いビスを打ち込んでいきます。



ほぼ全てです。



この部分は屋根の横側にある鉄板でケラバと言います。
この部分も要所要所に釘がゆるんでいたので交換しました。
夕方急に雨が降り出し本日は撤収です
コーキングは雨で流れてダメにはならないので心配はございません。

本日の業務は以上です