建築塗装「和」かず  お客様専用ページ
横浜市戸塚区 W様工事日誌 ㉔ 10月3日 屋根下塗り・縁切り作業

掃除

強風の出る機械でゴミなどを飛ばします。
さほどゴミはのってはいませんが洗浄から日にち経っているので念のためです。



専用シーラーです

主剤14:硬化剤1で混合させるポリウレタン樹脂下塗り材です。
乳白色で水のような粘度の下塗り材です。吸い込ませて素地の中から固めるための下塗り材です。





吸わせて固めるが目的ですが、吸い込みすぎています。インターバル2時間なので後でもう一度下塗りをします。
吸い込みは止まったほうが仕上がりは綺麗です。



午後に入り

午前中いっぱい掛り下塗り1回目を終えましたので、午後から下塗り2回目を開始です。
1度塗ってあるので最初よりはスムーズに進みます



下塗り2回目
↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

色が濃くなっている箇所が下塗り2回目終了です



縁切り用タスペーサー

縁切り用タスペーサー充填です
詳しくはこちらをクリックしてください株式会社セイム




縦に入ったスリットの両脇15㎝程度のところに差し込んでいきます。



見にくいかもしれませんが無数に差し込んであります。



恐らく塗り替え作業の中で最も地味な作業かもしれません。



↓の写真にマウスポインタをのせると画像がかわります

地味な仕事の割には意外と時間を要します。メーカーのカタログでは2箱あれば楽に足りるのですが、ほぼ二箱使いました。夕方暗くなる前に何とか刺し終えて終了です。
明日からは上塗り1度目に入る予定でいます。

本日の業務は以上です