建築塗装「和」かず  お客様専用ページ
横浜市戸塚区 W様工事日誌 9月29日 S 破風板・胴差し・水切り鉄板上塗り1回目と2回目

破風板・胴差し・水切り鉄板上塗り


使用材料です アクリルシリコン樹脂塗料です 
主剤9:硬化剤1の割合で混合させて使用します。気温が25℃以上ありますと2時間で硬化が始まり使えなくなってしまう
少々扱いづらい塗料です。上塗り1回目は真っ白で塗装していきます。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

ベランダ内の水切り鉄板上塗り1回目ですが写真ではどこが境か全くわかりません
スミマセン




グレーの錆止めの上はタップリと塗ってはいるのですが、透けています。
それと真っ白ではサッシとは随分色が違くういた感じがします。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

こうやって見ると大分わかるものです


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

付け胴差の上場ですが、このような気を抜くとはみ出してしまいそうな箇所がありますと、ぞく一般的なペンキ屋は上塗り1・2回目で色を変えることはまずありません。面倒くさいらしいです。


↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります

シャッターボックスや庇などは下から塗り上げていきます。角になった箇所により多く材料が被さるように付くからです。




調色です




右側が白で左側がサッシ色に合わせた色です。白に比べると大分濃い色に感じられますが、これでも塗ると白っぽく見えてしまいます。



上塗り2回目仕上げ
↓の写真にマウスポインタをのせると画像が変わります
やはり白っぽくてイマイチ写真では見づらいです スミマセン
4時を過ぎ午前中に1回目を塗り終えた個所で雨樋が絡む箇所から仕上げていきます
破風板・胴差し・水切り鉄板上塗りが終えた後は雨樋を復旧させての塗装となるからです。
明日もこの続きからスタートし雨樋を復旧させていきたいです。


本日の業務は以上です